New! 

脇見恐怖症のサイト

投稿者:kori
更新日:2014/08/03 16:05
欧米のほうが脇民はいいのか!?
カテゴリ:脇民の職歴簿
国際協力・国際交流の仕事をやっていました。前前職は、アジアの途上国の国際機関でプロジェクトの管理をしていました。プロジェクトの立ち上げからいたので最初は上司と二人別々の職場で、脇見は気にならなかったのですが、現地スタッフが4人入ってきて、パーテーションもない、小さなオフィスに詰め込まれてから、仕事で脇見が気になるようになりました。色々工夫をしましたが、変な人だと思われてしまいましたが、1年の契約はしっかりやり遂げました。

前職は、同じく途上国(カンボジアなど)への国際協力・国際交流をしていました。比較的、お金のある団体だったので、デスクにはパーテーションがあって、業務中はさほど脇見は気にならなかったのですが、やっぱり会議の時とかはすごく気になりました汗。こちらも、契約の仕事で1年はやって終了して、今は求職中です。苦笑 パーテーションのある外資系とかを考えています。

大学卒業して最初の仕事が外国の日本企業だったのですが(これは、上の2つとは違う業界です)、社員一人一人が集中して業務をやれるようにパーテーションと広めのL字型デスクがありました。というか、このような環境を会社が用意することは、この国の法律で決められているようです。外国人(欧米人)は日本人より「パーソナル・スペース」を大事にするみたいで、日本特有の島タイプのオフィスは欧米人にとっても不自然のようです。個人のスペース(視界も含めて)を大切にする欧米のほうが、意外と脇民が多いのかもしれませんね。
コメント:
[1]隆志
更新日:2014/08/03 23:52
koriさん、投稿ありがとうございます。

世界をまたにかけ仕事をされていたのですね!
外資はやはりパーティションの職場が、日本に比べると多いといいますが、どうやら最近の傾向では日本はパーティションを外す傾向にあるみたいです。
どちらの場合が円滑に仕事を進められるか一概には言えないと思いますが、私たちにとっては勤めずらい環境です。

日本は土地も狭いですし、欧米化の波がもっと押し寄せて欲しいです。
名前:
コメント:
画像認証: CAPTCHA Image