New! 

脇見恐怖症のサイト

投稿者:隆志
更新日:2014/07/31 6:39
食品を扱うラインでの仕事
カテゴリ:脇民の職歴簿
食品工場での流れ作業のバイトをしていたことがある。

深夜から朝にかけての仕事だった。
臨時の日雇い的な仕事だ。

基本的に横に一列に並んで仕事するので、横が気にならなければやっていける仕事だと思う。
私は厚縁の眼鏡をかけているので、横の人はあまり気にならない。

ただ脇見の症状には楽かもしれないが、仕事自体は繁忙期だったせいもありかなりきつかった。
私は不器用なので、スピードを求められる仕事が得意ではない。
ラインから流れてくるお弁当に具を適量乗せなければいけないが、適量とってそれも両手で違う食材を扱ったりとなかなかテクニックが必要な職場だ。
しかもやることは単調で、ただひたすらそれを繰り返すのみ。

1つのことに集中したい性質だが、単調すぎるのは時間の流れが遅く感じる。

食品工場ということもあり、休憩では売り物ではないが食品が提供され、食事にはお金を使うことはなかった。
まあ、仕事で辛くないものなんて基本ないとは思います。
コメント:
[1]ちま
更新日:2014/08/01 0:13
私も某パン工場でGWのみですが、働いたことがあります!

メリットは、隆志さんも書かれてる様に、そこで作っている食べ物が食べられることです(笑)
そこではパン一斤が置いてあって、持ち帰らなければ食べ放題でした。

あとは、髪の毛が入らない様にと、頭巾のようなものをかぶり、マスクも必須だったので、あまり回りが気にならずに作業出来ました。

同じく仕事が単調すぎて苦痛でしたが…。
[2]隆志
更新日:2014/08/01 6:22
食費がかからないというのは何気に大きいですよね。
パン一斤てすごいですね!

私も帽子とマスクして仕事していましたよ。
めまぐるしく仕事を強いられていたので、脇見恐怖症より仕事が苦痛で仕方なかったです(笑)
名前:
コメント:
画像認証: CAPTCHA Image