New! 

脇見恐怖症のサイト

投稿者:隆志
更新日:2014/08/07 20:24
途中まで本を読んで。
カテゴリ:脇民日記
最初に登録してくださった方々、ありがとうございます!
突然沢山の方に登録して頂き、嬉しい限りです!!

さてringさんに紹介して頂いた「嫌われる勇気」という本、まだ途中までしか読んでいませんが、進捗。
3章まで読みました(6割くらい)。

昨日の記事で私の欲求をぶつけてしまいましたが、そこもやはり他人は他人なのですよね。
いくら私が強制的に書け! といっても人を動かすことは出来ない。
出来るのは自分がしたいことをし、他人に介入しないことなのです。

私はこのサイトを作った以上、皆さんに書いて読んで欲しいという欲求があります。
逆に色々な理由で、書かない(書きたくない)という人もいて然りです。

文章が長いと誰も読んでくれない。
主観です。
そう思っている以上、長い文章は書けない。
内容があれば長い文章でも読んでくれる。
主観です。
読む読まないは私が考えることではない。
このサイトを発展させたいから書く。それだけです。

脇見についても意見がありますが、それはまた今度。
いえるのは、私はただ脇見なのではない。
脇見である必要があったのだと。

それがいいことか悪いことかは別にして、私は脇見であることを利用してきた面もあるということです。
治らない。
そう思っているうちは絶対に治らない。

治るかもしれないけど……。 じゃない! 治るし治す。
上手く付き合っていく派だったのですけどね。

もう少し自分の本音と語り合う時間が必要ですが、自分が心底望めばそうなると信じてみようと思いました。


追記。
確か林先生が言っていたのですが、「だから」じゃなく「だけど」の癖ををつけようと思いました。
脇見だから、じゃなく脇見だけど、と。
コメント:
[1]とみぃ
更新日:2014/08/07 21:32
A猪木「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。」
[2]隆志
更新日:2014/08/07 22:18
とみぃさん
私も猪木の引退試合見ましたよ!
その時は意味が漠然としか捉えられていませんでしたが、迷わず突き進みたいと思います。
[3]隆志
更新日:2014/08/07 22:28
りんさん
私もまだ心の片隅で上手く付き合うしかないのかなと思います。
人の心はそうすぐには変わりません。
でも変わらなければいけないと私は思いました。

生き辛い世の中にしたのは脇見のせいなのか、それとも自分の考え方で変われるのだとしたらそれに賭けたいと思ったしだいです。
今までと同じやり方ではダメなんだと。もっと大胆な切り口で自分にメスを入れなければ結局もとの木阿弥なのだと。

HPに関しましてはひとり相撲&早急すぎました。
反省してます。
私が歩みを止めずにゆっくりと進めて生きたいと思います。
それに皆さんが付いてきてくれたら嬉しい限りです!
これからもよろしくお願いします!
名前:
コメント:
画像認証: CAPTCHA Image