New! 

脇見恐怖症のサイト

投稿者:ちま
更新日:2014/08/01 21:05
冷えとりのすすめ
カテゴリ:脇民日記
私は薬は今、デパスしか飲んでないのですが、
民間療法が好きでネットや本で見つけた
効果の有りそうな民間療法をいくつかやっています。


私は今30代半ばなのですが、
29歳の時に脇見恐怖症を発症しました。


脇見恐怖症と同時にうつ病も併発していたので、
病院に行きました。


当時のことは、
ほんの3〜4年前なのですが、あまりよく覚えていません。

薬はSSRIを処方されていましたが、
「あまり症状が良くない」というと
薬を変えられるだけで
変えたところで一向に良くならなかったので、
病院には通いつつ、民間療法の本を読み漁っていました。



そこで、見つけたものの一つが「冷えとり」です。


簡単に説明すると、「頭寒足熱」と「腹八分」を原則としていて
通年、絹やウールと綿の靴下を交互に最低でも6枚以上重ねばきします。


ちなみに真夏の現在(2014/7/31)、
私は靴下6枚にスパッツをはいて、更にレッグウォーマーもしています。


で、その効果のほどですが、
薬を飲んでも治らなかったうつも治り、去年の夏頃からは
積極的にオフ会に参加できるまでになりました。


特に、冷え性の女子におすすめです。


参考にした本は「幸せになる医術 これが本当の「冷えとり」の手引書」
進藤義晴・進藤幸恵 共著 です。
コメント:
[1]隆志
更新日:2014/08/01 6:18
投稿ありがとうございます!

こう暑い日が続くと、逆にどうしても身体を冷やしがちですが、頭寒足熱とか腹八分とか健康にいいことをこつこつと継続することが出来るということは見習わなければなりません。

熱しやすく冷めやすい性格なので、何か良いことを続けられたという自信にもつながると思いますし。

体調管理をきちんと行いたいものです。
[2]ヨシ
更新日:2014/08/01 23:36
頭寒足熱とは、頭部は冷やすのですか?
鬱対策になる画期的な方法だと思います^^
[3]ちま
更新日:2014/08/03 7:13
隆志さん
ヨシさん
コメントありがとーございます!

夏場は、足元を温めつつも、体を冷やすことも考えなきゃいけないないんで(熱中症とか怖いから)、さじ加減が難しいかもしれません。

自分に合った良いことを継続するのは、そんなに大変でもないですよー。

ちなみに、頭寒足熱なので、単純に言ってしまえば頭は冷やします。
でも直接冷やすと言うよりも、上半身は風通しの良い薄着で過ごせばいいみたいですよ(^^)v
名前:
コメント:
画像認証: CAPTCHA Image