New! 

脇見恐怖症のサイト

投稿者:みき
更新日:2014/08/09 17:15
心の持ち方
カテゴリ:脇見恐怖症の克服



米国で麻薬中毒、アルコール中毒、肥満、ガンなどの重篤な患者を長期間診察していた医師がまとめたガイドに、

病気にかかる人、その病気がさらに悪化する人、病気から回復する・健康を維持する人、

それぞれの特徴的な『心の持ち方』 の包括的なリストが載っているそうです。

以前、どこかで教えていただいたものですが、全ての悩み・病気の人に参考になると思うので、書きたいと思います。



『病気と健康のための心のガイド』 スティーブン・ジェームス より



病気・症状を改善させる方法(健康を維持する方法)



1、充実感、喜び、目的意識を与えてくれること、自分の価値を確認できることをする。

  人生は自分の力で創造していくものと考え、建設的な人生を築くよう努力する。


2、自分に対して細やかで愛情のこもった気配りをし、自分のどんな欲求にも目を向ける。

  自分をいたわり、元気づけ、励まし、育む。


3、怨み、嫉妬、恐怖、悲しみ、怒りなどの否定的な感情は、全て吐き出してしまう。

  自分の感情をうまく外に出し、それらを内に閉じ込めない。

  自分に対して寛大になる。


4、建設的な考えと目標を持ち、自分が真に望むものを心に思い描く。

  恐ろしいイメージが浮かんだ時は、やすらぎと喜びの感情を呼び起こすようなイメージに気持ちを集中させる。


5、自分自身と全ての人を愛するようにする。

  愛することを人生の目的、人生における最も大切な表現方法とする。


6、親密さと安心感を求める気持ちに正直になり、その気持ちを満たすために、楽しく、愛に満ちた誠実な人間関係を築く。

  昔の恋人、両親など、過去の人間関係で受けた傷を癒すように努める。


7、自分が価値をおき、楽しむことのできる仕事や活動を通じて、地域社会に積極的に貢献する。


8、自分の健康と幸せに責任を持ち、トータルな健康というものを信じる。

  専門家の言葉に振り回されることなく、彼らの助力やアドバイスを受けつつ、自分独自の治療・治癒プログラムを作る。


9、自分自身と自分の人生におけるすべての出来事を、成長と学習の機会として受け入れる。

  感謝の心を持つ。

  手ひどい失敗をしても自分を許し、その経験から学び前進していく。


10、ユーモアのセンスを身につける。




以上です。

ここに書かれているような事ができたら、脇見の症状も緩和するのかもしれない、と思いました。

ただ、こんな風にできない自分のことをダメだ・・・とか、反省しすぎると結局は自分を責めていることになるので、苦しくなると思います。

どんなにいい言葉でも、自分を責める道具にしてしまうのが私なので、

もし、私のような人がいるとしたら、この文章を読んで、今までの自分を責めたり反省しすぎたりはしないでください。

今までの自分(あなた)も苦しい中、本当にがんばってきたんですから。

こうして今まで生きて来た、ということが本当に素晴らしいことだと思っています。



私は、ここに書かれていることを心がけよう!!と思うのと同時に、

ここに書かれていることが出来ない(出来てない、やれそうにない)自分のことを、まずは認めていこうと思っています。

ダメな自分にもやさしくしてあげる、という所から、始めていこうと思っています。

そうじゃないと、調子のいい時は自分を認めてあげれても、調子の悪い(出来ない自分)ときは、

思いっきり自分を責めてしまうからです(T_T)

どうして出来ないんだ!!勇気が足りないからだ!!もっとがんばれ!!と、弱っている自分にムチを打つ私がいるからです。

そうではなく、2番目に書いてあるとおり、『自分をいたわり、元気づけ、励まし、育む』 。

うまくいかない時ほど、自分にそうありたいと思っています。




うまくいかない時もある。

うまくできない時もある。

だって人間だもの。

それでもいいんだよ~~~、って優しく自分に言ってあげることを心がけています。




病気になる方法、病気・症状を悪化させる方法のリストもあるので、また書きます。

それはそれで、すごく参考になると思うのです。





コメント:
[1]隆志
更新日:2014/08/10 7:07
みきさん
とてもためになるお話、ありがとうございました。
実践することで人生の在り方が一変する考え方ですね。
私には足りない考え方です。

要は考え方なのですよね。

そしてもし出来なくてもその自分を受け入れ、ただ単に嘆くのではなくどうしてそれができないのかという建設的な立場のもとに紐解いていく必要がありそうです。
自分を責めるのではなく、冷静に出来ないおおもとの理由がそこにはあるはずですから。
[2]カピパラさん行進曲
更新日:2014/08/10 8:47
こんにちは。大変ためになる記事ありがとうございます。すごく勉強になりました。でも同じ脇見でも色々な方がいらっしゃるんですね。私の場合は自分責めたりしないので・・。自分を責めてしまうと辛そうですね・・。どうぞご自愛ください。
[3]みき
更新日:2014/08/10 18:33
隆志さん、読んでいただきありがとうございます!!
出来ない自分を受け入れることがとても大事なんだなと思っています。
今までの私は、ただ単に出来ない自分を嘆いていただけの人だったのかもしれません(>_<)
建設的ではありませんでした(T_T)
まずは、自分を責めることをやめていこうと思っています♪(*^-^*)
[4]みき
更新日:2014/08/10 18:36
カピバラさん行進曲さん、読んでいただきありがとうございます!!
カピバラさん行進曲さんは自分を責めることはないのですね!!
私は、脇見の症状のことでも自分を責めまくっていると思います(>_<)
でも、自分を責めているという自覚が全然なく、今まで気づきもしませんでした。
なので、自分イジメをしているということに気づくということを意識しています。
それでも、気づいたら責めていたりもして、かなりしつこいですが(汗)
訓練だと思って、自分に優しくしていきたいと思っています♪
お優しい言葉をありがとうございます♪(*^-^*)
名前:
コメント:
画像認証: CAPTCHA Image