New! 

脇見恐怖症のサイト

投稿者:やっちゃ
更新日:2014/11/03 1:00
前回の追記。他の方の話や自分の話
カテゴリ:脇見恐怖症の克服
前回の記事に一つ追記ですm(_ _)m


私はだいぶ前に大阪のオフ会の方に参加していたことがあるのですが、その際、脇見が良くなった方とお会いしました。

その際なんですが、その方が言うには
『スポーツ等をし、体を動かしていた』
というようなことをおっしゃっていました。
おお!森田となんか似てる!と思いました。
あと、一応なんですが、
2chですが、克服法で大阪の方と同じような書き込みを見かけたこともあります。

やっぱり『行動する(体を動かす?)』って、大事なことなんだと思いました。


あと、前回記事に書きました私がしていた日記の行動の中で、大切なことを書き忘れてたのでm(_ _)m


◆脇見を感じつつも、それをあるがままに(そのままに)やるべきことをする。
やるべきことに集中する。できるだけ逃げない。避けない。


です。
私は森田で行動療法を2ヶ月集中した後(していたときももちろんしてましたが)は、あとは自分のまだ脇見の気になるところは↑のような考え方を利用していました。
2ヶ月集中の後は森田療法をやってたというより森田の考え方を利用した部分が大きいです。
そんな感じに、脇見あっても行動できる範囲を少しづつ増やしていった感じです。



そのままにというところは、
「脇見してはダメ、こんな自分はダメだ」
と、脇見を否定するのではなく、むしろ
『脇見してもいいや、ああ脇見してるなあ』
という感じに、脇見を受け入れ、脇見を認めるようにしていました。


実はというと、否定するほど悪くなり、余計に注意が向いてしまうそうです。
だから、否定するよりも、むしろ『受け入れる、認める』方が良いんです。


あと、他のところで聞いた話ですが、おお!と思ったので、ご本人の許可…すみませぬm(_ _)m
ご紹介します笑

脇見したらむしろもう『そのまま脇見して見た』方がいいそうです。

これは私もその通りだー!と思いました。
脇見を認めているということと、なんか似てるなあって思いました。
だめ見ちゃだめ…ではなく、
もう見ちゃえ〜
みたいな。脇見否定してないですし。
オススメです。
私も気になったときにやってます( ̄▽ ̄)笑
ちなみに脇見して見ても、私は前の記事書きましたが視線やらなんやらは伝わらないので大丈夫ですよ。
さすがにその人を直接直視すればバレますので、それはあれですがねσ^_^;


まああの、すごく抵抗はあると思います。
なんで『受け入れる、認める』しなきゃいけないのとか、もっと具体的にとなると、森田の理論やら使って説明はできるかなあとは思うんですが、分かりにくくなるし、そうこう言うよりもうきっぱりと
『脇見してもいいや。あー脇見してるなあ』
ともう捉えた方がてっとり早いかと思います。


…とりあえず、かなり大雑把ですが、私の経過を。参考程度にm(_ _)m
もし要望があらば、具体的に書きます。
とりあえず大雑把に。


最初は大変でした。
あるがままに行動しても…脇見受け入れてやるべきこと集中しても、最初のうちは余計に脇見に意識がいくようで大変でした。
それでも、何度かやっているうちに、脇見があっても行動できる範囲が少しづつ増えていき、気付いたらフツーに行動できてる自分に気付きました。


あくまで私の実例でしかないですが、
電車の中→日常生活全般→授業を難なく受ける→隣と並んで長時間作業
という感じで苦に感じることなく行動出来るように。
もちろん授業中が後に治るとか順番は関係ないですσ^_^;あくまで私が挑戦した順だけかと
まああと苦手なとこもあったんですがね。


ただ、ホントに無理、苦手なとこはなかなか治りづらいかもしれません。
でも、他のとこで行動出来るようになれば、自ずと結果はついてくるかと思います。
…時間はかかりますがね。


もちろん、私とてストレートに良くなったわけではなく、
何度もダメだったときも普通にあったし、もう無理イヤ自分はダメだって攻めたこともあったし、脇見から逃げたことも何回もあります。就職活動とか。
ダメなことは普通にありますし、誰にでもありますから少しやってああもうダメだと諦めないでくださいな。
これは、どの克服法でも共通してるかと思います。


ちなみにあと、『脇見してもいいやー』という感じに脇見をとらえて良くなったという方を2人ほど聞きました。
もし聞ける機会があれば、また具体的に聞いてみたいと思います。


こんな感じです!

でわでわm(_ _)m
 
コメント:
[1]MONO
更新日:2014/11/05 0:48
参考にさせていただきます!!!!
[2]やっちゃ
更新日:2014/11/06 23:26
ありがとうございます!!
[3]隆志
更新日:2014/11/10 17:13
身体を動かすと自分に自信が付くのも、ひとつ良い効果なのかもしれませんね。

私の場合、敢えて脇見してもいいやとは思うことはなく、脇見していてもあまりそのことに深く考えることがなくなりました。

脇見してしまったとも、していいやとも考えず、ただその時をぼーっとやり過ごしている感じです。
もしかしたら年を取って鈍感になっているのかもしれません。

流石に長時間脇見を強いられれば考えることもあるのでしょうが、最近ではそのようなことも少なくなっています。

やはり、脇見しているくらいなら他のことに集中したいです。
[4]やっちゃ
更新日:2014/11/18 18:41
>隆志さん

すいません、今気付きました…

身体を動かして自信というより、脇見のことを考える時間が無くなるって言った方が正しいかもです。運動してるときも、後の時間も。
運動すると考え方前向きになりますよー。


良い傾向…だと思います。
年は関係…あるのかはちょっと分かりませんが…σ^_^;


集中してみてはいかかですか?
森田ならば『症状をあるがままにして、今やるべきことをやる』です。
最初はきついと思いますが、だんだんと脇見あってもちゃんと行動できるし、脇見自体も少しづつ気にならなくなってきますよ。
もちろん、いきなり全ては無理なので、自分に出来そうな範囲から…ですが。
[5]遊佐
更新日:2014/11/26 23:53
なるほど。
脇民にとってはあるがままに生きるというのが
たしかに一番いい気がします。ありがとうございます。
[6]やっちゃ
更新日:2014/11/27 0:20
>遊佐さん

最近あまりサイトを見てなかったので、コメントをリアルタイムで気付けて良かったです!

そうですね。
もう一個言うと、脇見自体に他人に不快な視線を与えることはないので(過去にいろいろ書いてみましたので、よければ見てみてくださいなm(_ _)m)
脇見しても大丈夫と捉えられたらGOODかなあと思います。
私たちって、自分は脇見で相手に不快を与えてるって勝手に思い込んでるんだと思います。実際は客観的に見たらそうじゃないのに。

だから、確かに脇見は感じるし、相手に不快を与えてるって考えてしまって辛いですが、それ以上にやるべきことをしない、やらない方が問題かと思います。

やるべきことって抽象的に書きましたが、具体的にはどんな小さなことでも、脇見感じてできないと思ってる行動ならなんでも当てはまります。

辛いけどそれはそのままに、やるべきことをちゃんとやることが重要かなと思います。
最初大変ですけどね(´・_・`)
でもできますよ!
気付いたら…あれ、普通に出来てる?みたいな。

長々とすいませんでしたm(_ _)m
名前:
コメント:
画像認証: CAPTCHA Image